水田は全部で12筆あります。
面積は4a〜10aまで様々です。

各水田の用水は琵琶湖水と水道水です。
大学周辺の水田では琵琶湖水をポンプアップして水を供給しています。

1筆の圃場をさらに小さく区切って研究することもあります。

畦はコンクリートブロックでできています。
コンクリートブロックには鳥避けネットを立てるためのパイプが埋め込まれています。

稚魚を放流したり、希少な品種を栽培する場合は、鳥害を防ぐためにネットを張ります。

水田の一画には、開学以来全く手入れをしていない場所があります。

転作作物の栽培試験のために、大豆が栽培される水田もあります。

水田を含めて、圃場施設から排水は、一度沈砂池に集められてから川に流出します。