水田の測量

遠くて見えにくいですが、水田の中の高さを測量している様子です。

横が1m、奥行が1.25mおきにポールを立て、レベルという測量の機械を使って、
格子状の各ポイントの高さを調べています。
測量したデータを元に水田の断面図を作り、
水を抜いた時に魚が残りやすい場所を調べるそうです。

コメントはTwitterにお寄せください。