泉津研究室:菌類分子遺伝学・植物病理学・菌根共生ほか

「分子生物学」や「バイオインフォマティクス」の技術を用いて、さまざまな微生物の研究をおこなっているバイオ系の研究室です。具体的には、植物病理学(微生物が植物に病気を起こす仕組み)や菌根共生(微生物が植物と共生する仕組み)などをミクロな視点から研究しています。興味のある学部生の方は是非研究室に遊びにきて話を聞いてみてくださいね。

病原性試験に用いるトウモロコシの苗

滋賀県立大学を受験しようと考えているみなさん、微生物や植物の研究分野ではバイオ系研究室も複数あります。学部に隣接した美しい圃場を利用する一方で、実験室内ではミクロな視点から最新の研究をおこなっています。是非私たちと一緒に研究してみませんか。

菌根共生試験に用いるマツの実生苗

以下は、県大圃場をお使いの先生方や学生さんに情報提供です。「温室に自動散水装置を付けたいけれど、蛇口の形が特殊で付けられない」という話題がありましたが、「W28山20」という規格のようです。非常に特殊な形状ですが、アダプタは数百円程度で売られていますので、市販の自動散水装置も取り付け可能です。

学生さん待望の自動散水装置(w28山20のアダプタ付き)

前の記事

西田研究室:保全生態学研究室